ニュース

仏像の公開情報など、気がついたことをお伝えしていきたいと思っています。

2019年11月3日

神獣―かわいい、神の使いたち

奈良・春日大社の国宝殿で特別展「神獣―かわいい、神の使いたち」が行われている。12月13日まで。

かつて神殿前に置かれていた獅子・狛犬4対(鎌倉・室町時代)や宋時代の陶磁の狛犬、平安時代の金銅像の狛犬像も展示。

 

http://www.kasugataisha.or.jp/h_s_tearoom/museum/museum2.html

 

2019年10月9日

東京国立博物館本館の仏像展示

本館1階第11室の仏像展示では現在、室生寺の仏像が展示されている。9月まで行われたが「奈良大和四寺のみほとけ」が終了したのちも、室生寺の釈迦如来像、十一面観音像、地蔵菩薩像、十二神将像のうちの2体を引き続き展示。加えて、浄瑠璃寺旧蔵の十二神将像の1体や文化庁蔵の大仏殿様の四天王像なども展示されている。

ことに室生寺の十二神将像2躰は独立ケースに移され、すぐ前で、また側面や背面の様子も見ることできる。

2020年2月24日までだが、12月9日〜1月1日は休室。

 

https://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=5920

 

2019年9月11日

奈良国立博物館・なら仏像館の展示

奈良国立博物館のなら仏像館では現在、海住山寺本尊の十一面観音像が展示されている。本堂の改修にともなうものであるらしい。

普段は本堂の厨子中に安置されているために見えない下半身や側面も見ることができる貴重な機会。

 

2019年8月5日

大倉集古館リニューアルオープン

2014年よりリニューアルのために休館していた東京都港区の大倉集古館が9月12日に再開館となる。

記念する展覧会として「桃源郷展」が行われ、館蔵の名品として国宝の普賢菩薩像のほか、人気の高い横山大観筆の「夜桜」なども展示される。

 

2019年5月1日

鎌倉、極楽寺の宝物館がしばらく閉館

極楽寺の宝物館は毎年春は4月25日〜5月25日までと秋、10月25日〜11月25日の間の火・木・土・日曜日(ただし雨天時は閉館)に開かれているが、本年5月25日ののちはしばらく閉館となるとのこと。十大弟子像の修復のため。2021年春に再開館する予定。 

 

2019年1月26日

西国三十三所特別拝観

西国三十三所の観音霊場は、昨年(2018年)、開創1300年を迎えたという。大和長谷寺の徳道上人が冥界にて閻魔王の託宣を受け、観音霊場を開いたのが718年のことといい、以来1300年となるのだそうだ。

西国三十三ヶ所の札所会では2018年を中心に2016年から2020年までさまざまな行事が行われる。

2019年についても、醍醐寺の特別拝観(快慶作弥勒菩薩像特別拝観、11月3日〜11月30日)をはじめ、すべての霊場で特別な拝観行事が予定されている。

 

http://www.saikoku33-1300years.jp/tokubetsuhaikan/

 

 

→ ホームに戻る