ニュース

仏像の公開情報など、気がついたことをお伝えしていきたいと思っています。

2020年7月5日

古典×現代

国立新美術館で行われている「古典×現代」展で、滋賀県・西明寺の日光・月光菩薩像が展示されている。建築家の田根剛さんが光の空間を演出。このほかにも、彫刻家の棚田康司さんが自身の作品と円空の仏像を展示するなど、刺激的な展覧会となっている。

8月24日まで。事前予約制。

 

https://kotengendai.exhibit.jp

 

2020年6月8日

東京国立博物館の常設展示

東京国立博物館・本館の展示も部分的ながら再開。1階の第11室の彫刻の展示は、ときどき展示されるなじみの仏像が並ぶが、1点珍しい作品として京都・妙法院の不動明王像が展示されている。これまで寄託されていた三十三間堂の千手観音像3体が戻ったのをきっかけに、この不動明王像が変わって寄託されたのかもしれない。今回の展示は9月13日まで。

なお、事前予約制による入場となっている。

 

https://www.tnm.jp/modules/r_exhibition/index.php?controller=item&id=5922

 

2020年6月6日

奈良国立博物館で京都府・大智寺の仏像特別公開

奈良国立博物館・なら仏像館が6月2日より開館。京都府木津川市にある大智寺の文殊菩薩像、十一面観音像が特別公開されている。

 

 https://www.narahaku.go.jp/exhibition/2020mei/2020mei_20200602.html

 

2020年5月9日

願興寺子年の秘仏御開帳延期

岐阜県の願興寺で子年の4月に行われている秘仏の薬師如来像のご開帳が延期となっている。時期は未定。詳しくは同寺のホームページで確認を。

 

http://www.gankoji.sakura.ne.jp

 

2020年5月9日

深大寺元三大師特別開帳延期

東京都の深大寺で4月〜5月にかけ、元三大師堂本尊の元三大師像の特別開帳が予定されていたが、延期となっている。10月ごろの予定だが、詳しくは同寺のホームページで確認を。

 

https://www.jindaiji.or.jp

 

2020年3月29日

西国三十三所特別拝観

西国三十三所の観音霊場は2018年に開創1300年を迎えたという。大和長谷寺の徳道上人が冥界にて閻魔王の託宣を受け、観音霊場を開いたのが718年のことといい、以来1300年となるのだそうだ。

西国三十三ヶ所の札所会では2018年を中心に2020年までさまざまな行事を行っている。

2020年についても、紀三井寺の秘仏公開(春と秋の時期)、醍醐寺の特別拝観(快慶作弥勒菩薩像、11月3日〜11月30日)をはじめ、すべての霊場で特別な拝観行事が予定されている。

 

https://www.saikoku33.gr.jp/images/191204.pdf

 

2020年2月16日

東大寺戒壇堂が一時拝観停止

塑造四天王像を安置する東大寺戒壇堂が修理のために一時拝観を停止する。本年7月からおよそ3年間の予定。

その間、四天王像は東大寺ミュージアムに移される。7月23日から拝観できる。

また、7月4日からは普段非公開の千手堂が開扉されるとのこと。

 

2019年5月1日

鎌倉、極楽寺の宝物館がしばらく閉館

極楽寺の宝物館は毎年春は4月25日〜5月25日までと秋、10月25日〜11月25日の間の火・木・土・日曜日(ただし雨天時は閉館)に開かれているが、本年5月25日ののちはしばらく閉館となるとのこと。十大弟子像の修復のため。2021年春に再開館する予定。 

 

 

→ ホームに戻る