ニュース

仏像の公開情報など、気がついたことをお伝えしていきたいと思っています。

2018年4月28日

春日大社のすべて

奈良国立博物館で特別展「春日大社のすべて」が行われている。6月10日まで。

仏像彫刻としては、薬師寺の薬師如来立像(1240年)や伝香寺地蔵菩薩像(像内納入品も)などが展示されている。

 

https://www.narahaku.go.jp/exhibition/2018toku/kasuga/kasuga_index.html

 

2018年4月28日

つなぐ、神奈川県博

横浜市にある神奈川県立歴史博物館で、開館51周年を記念する特別展「つなぐ、神奈川県博」が行われている。7月1日まで。

仏像彫刻としては、保木薬師堂の薬師如来像(1221年)と、前期(5月27日まで)には鎌倉時代前期の優品阿弥陀如来坐像が、後期(5月29日以後)には南宋時代の菩薩半跏像(遊戯坐像)が展示される。

 

また、常設展示室(3階)には、横浜市内の寺院に伝わった平安時代の古仏なども展示されている。

 

http://ch.kanagawa-museum.jp/exhibition/2496

 

2018年4月27日

東大寺と東北

宮城県多賀城市にある東北歴史博物館で「東大寺と東北 復興を支えた人々の祈り」と題する特別展が開催される。4月28日から6月24日まで。仏像彫刻では、誕生釈迦仏、弥勒仏、重源上人像、快慶作の地蔵菩薩像、五劫思惟像などが出陳予定。

 

http://www.thm.pref.miyagi.jp/exhibition/detail.php?data_id=978

 

2018年4月2日

名作誕生

東京国立博物館で特別展「名作誕生ーつながる日本美術」が開催される。4月13日から5月27日まで。

展覧会の冒頭の「一木の祈り」のコーナーでは、8世紀から10世紀の一木造の仏像10躰が展示される。唐招提寺木彫群から2躰、道明寺の「試みの観音」、奈良県笠区の薬師如来像、兵庫県淡路島の成相寺の薬師如来像など。

お見逃しなく。

 

http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1889

 

2018年1月7日

西国三十三所特別拝観

西国三十三所の観音霊場は、本年(2018年)に開創1300年を迎えるという。大和長谷寺の徳道上人が冥界にて閻魔王の託宣を受け、観音霊場を開いたのが718年のことといい、以来1300年となる記念の年になるのだそうだ。

西国三十三ヶ所の札所会では2018年を中心に2016年から2020年までさまざまな行事が行われる。

2018年についても、紀三井寺(第2番札所)の特別拝観(3月24日〜5月6日)をはじめ、すべての霊場で特別な拝観行事が予定されている。

 

http://www.saikoku33-1300years.jp/tokubetsuhaikan/

 

2017年11月4日

奈良国立博物館の展示

奈良国立博物館のなら仏像館で行われている名品展(常設展)「珠玉の仏たち」に、室生寺の弥勒菩薩立像と釈迦如来坐像が出陳されている。

普段安置されている同寺の弥勒堂の改修工事にともない、寄託されているため。

 

http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2017mei/2017mei_10_chokoku.html

 

 

→ ホームに戻る