能満寺の薬師如来像

  通称「羽下薬師」

住所

宇都宮市駒生町1870

 

 

訪問日 

2010年12月12日 

 

 

 

拝観までの道

JR宇都宮駅から西北西へ。大谷石の産地として知られる大谷への道(大谷街道)を進み、東北自動車道を越えたら南へ。能満寺(真言宗)というお寺の境内の六角堂に「羽下(はじた)薬師」がまつられている。

交通は、JR宇都宮駅の西口のバスターミナルから大谷経由立岩行き関東バスに乗車し、「山崎街道入口」か「鎧川」で下車、徒歩約10分。

 

関東バス

 

能満寺の庫裏に申し出ると、お堂を開扉して拝観させていただける。

 

能満寺ホームページ

 

 

拝観料

特に拝観料は設定されていなかった。

 

 

仏像のいわれ

もと、ここから西1キロあまりの下荒針町羽下の薬師堂の厨子中に安置されていた。

以前の写真を見ると相当に傷みが進んでいたようだが、1994年に修理され、この寺の境内に移されてきた。 

 

 

拝観の環境

ガラスごしだが、近い距離から拝観できる。

 

 

仏像の印象

薬師如来像は像高約120センチ、カヤの一木造。内ぐりもない、古様なつくりである。

平安前期彫刻の力強さを受け継ぎつつ、やや形式的になったところのある仏像といえる。膝の厚みなどはそれほどでないが、つり上がる目、ふくらみのあるまぶた、たくましい上半身など、魅力的な像。衣の襞(ひだ)も太くあらわされる。

厳しい環境の中に安置されていた時代が長かったようで、螺髪、両手、両足ほか後補や後の手が入った部分が大きい。 

 

 

さらに知りたい時は…

「下野の仏像」(『国華』1339)、北口英雄、2007年5月

「栃木県の平安仏<一木彫について>1」(『宇都宮大学教育学部紀要』37)、日原公大・北口英雄、1987年

 

 

仏像探訪記/栃木県