大関観音堂の菩薩立像

  平安前期の力強い造形

住所

宇都宮市西刑部町1265

 

 

訪問日 

2010年12月12日 

 

 

この仏像の姿は(外部リンク)

宇都宮市教育センター 瑞穂野南小学校学習館

 

 

 

拝観までの道

JR宇都宮駅の南南東、7〜8キロ、西刑部町(にしおさかべまち)というところにある。みずほの自然の森公園という大きな公園の東北、江川放水路(鬼怒川支流)沿い。

交通はJR宇都宮駅の西口バスターミナル9番乗り場から、瑞穂野団地方面行き関東バスにて「瑞穂野団地」下車、南に徒歩約20分。

 

関東バス

 

田園の中にお堂と墓地があり、地区で管理している。拝観は事前に管理者に連絡する必要がある。

 

 

拝観料

拝観料の定めは特になかった。

 

 

仏像のいわれ

由来等不詳。

東山道に近く、7世紀後半から9世紀にかけての官衙の跡も遠からぬところにあるそうだ。そのために早くより開けた地であったようで、こうした古仏が伝来しているのではないかと想像される。 

 

 

拝観の環境

堂内は外の光が入って明るく、近くからよく拝観できる。

 

 

仏像の印象

像高250センチ弱という大きな菩薩立像である。カヤの一木造。背中から大きなくりがあるそうだ。

四角い顔の上に大きなまげがのる。上まぶた、下まぶたがふくれあがるように球形につくられ、口もともよく引き締まり、力強い顔だちになっている。耳も大きく、そこを横切る2筋の髪もなかなかダイナミックである。

 

上半身はたくましいが、腹や下半身はそれほど迫力がない。腰はよく引き締まる。下半身の衣には渦巻きの文や翻波式衣文が見える。

左足は少し浮かせ、右足も垂直ではない。やや不安定な立ち姿であるが、それでいてバランスはよくとれている。腰をややひねり、それにともなって裙の折り返しの部分がゆれる造形もすばらしい。

 

腕や台座は後補。

 

 

さらに知りたい時は…

「下野の仏像」(『国華』1339)、北口英雄、2007年5月

「大関観音堂蔵 木造菩薩立像」(『国華』1339)、岩佐光晴、2007年5月

「栃木県の平安仏<一木彫について>1」(『宇都宮大学教育学部紀要』37)、日原公大・北口英雄、1987年

 

 

仏像探訪記/栃木県