瀧水寺仁王像と西福寺不動・毘沙門像

  鎌倉期地方仏の味わい

瀧水寺仁王像
瀧水寺仁王像

住所

印西市滝1009 (瀧水寺)

印西市小林1615(西福寺)

 

 

訪問日 

2011年11月6日 

 

 

 

瀧水寺までの道

瀧水寺(たきすいじ)は天台宗寺院。

最寄り駅はJR成田線の小林駅で、西南へ徒歩約30分。

バスだとは小林駅から印西牧の原駅方面行き北総交通バスまたは印西市ふれあいバス(東ルート)に乗車し、「小林牧場」で下車、徒歩10分。

また、小林駅にはタクシーがほぼ常駐している。

 

印西市・北総交通バス  印西市コミュニティバス「ふれあいバス」

 

仁王像は、薬師堂の前の仁王門に安置され、金網ごしではあるが、自由に拝観できる。

 

 

瀧水寺の仁王像

橘禅寺(市原市)、万満寺(松戸市)、薬師寺(成田市)、法興寺(いすみ市)など、千葉には中世のすぐれた仁王像が多く残る。いずれも、風雨にさらされる門に立っていた像にもかかわらず、よく伝来したものだ。

瀧水寺の仁王像は地方的で素朴な姿であり、深みのある雰囲気をかもし出す。上にあげた仁王像に勝るとも劣らない名像であるように思う。

 

像高は約230センチで、この地域の仁王像の中でも大きい方である。樹種はマツだそうだ。

阿形像は一木造だが、吽形像は木を寄せてつくっているという。

この仁王像の魅力は顔の表情にある。特に目は、左右を対象とせず、高さや角度を変えて生き生きとした表情を出している。

額から鼻にかけてしわを強くあらわし、鼻をふくらませて、怒りを表現している。

 

強いいかり肩であるところ、ややぎこちない手のかまえは、質朴な感じがする。

体の筋肉や衣のひだ、風によるひるがえりは控えめな感じ。衣は長く伸ばさず、左右でからげるようにして丸めている様子も面白い。

 

西福寺不動明王像
西福寺不動明王像

西福寺と仏師賢光について

西福寺も天台宗寺院。JR成田線小林駅下車、東南へ徒歩10分。

ここに、鎌倉後期の賢光という仏師の作の不動明王像、毘沙門天像が所蔵されている。

 

賢光は千葉県地方で活躍した地方仏師である。

その作として知られている仏像は、千葉市・天福寺の十一面観音像(1256年)、市原市・長栄寺の十一面観音像(1264年)、印西市・来福寺の薬師如来像(1285年)、印西市・多聞院の毘沙門天・両脇侍像(1289年)である。これらはいずれも普段は拝観できず、決められた日の開帳される。

 

賢光については、上にあげた仏像の銘文から、30年以上にわたってこの地域で造像にあたったことが分かっている。しかしそれ以外には、彼の活躍を示す資料など、残されていない。

近年、賢光の5例目の仏像が見つかった。それがこの西福寺の不動明王像、毘沙門像である(さらに、瀧水寺の十二神将像、匝瑳市・長徳寺の不動明王像、大多喜町・東福寺の薬師如来像も同じ仏師の作と知られた)。

 

多くの賢光作の仏像が秘仏であるのに対して、西福寺の2像は事前にお願いしておくと拝観が可能である。志納。

 

西福寺はご住職がいらっしゃるお寺だが、この仏像の拝観については、檀家総代が窓口になっている。問い合わせ先は印西市教育委員会(生涯学習課)。

 

 

不動・毘沙門像について

不動明王像と毘沙門天像をセットして安置するというのは、考えてみれば不思議な取合せである。

不動明王は明王というジャンルを代表する仏であり、密教の最高の仏である大日如来の化身ともいわれる。一方、毘沙門天像もまた天部の代表ではあるが、しかし天部というのは仏の守護神であり、いわば低い尊格である。

このアンバランスともいうべき2像は、ある時、天台系の仏教の中で組み合わされたらしい。比叡山の明王院の千手観音および不毘(不動と毘沙門)像はその古例である。また、伊豆の願成就院や三浦半島の浄楽寺では、阿弥陀如来像を中央に不動と毘沙門が脇を固める。

この西福寺の不動明王像、毘沙門天像も、阿弥陀か観音を中尊とする脇侍像であった可能性がある。しかし、そうだとしても、残念ながら本来の中尊像については不明である。

 

これらの像は、お寺からほど近い庚申堂と呼ばれるお堂に安置されていたそうだ。石造の青面金剛像を中央にして、その左右に置かれていたという。大風のためにお堂が破損したのをきっかけに調査が入ったが、その時点でかなり壊れていたらしい。

この調査によって賢光の銘が見つかり、修理を終えて、現在は西福寺本堂の向って右側の間に、新調された厨子に入って安置されている。

ただし、この像の銘記は短く、「仏師賢光(花押)」とあるだけで、残念ながら年や造像の事情などは書かれていない。

 

 

仏像の印象

西福寺の不動明王像、毘沙門天像は、ともに像高60センチほどの立像で、割矧(わりは)ぎ造である。

不動明王像は、目はつりあがり、ほお骨が張る。口をへの字にまげ、額にしわを寄せて、独特の表情をつくる。くせの強い顔立ちは他の賢光の仏像にも共通するところである。

右手をやや上げ、それにつれて腰を少しひねる。左足を若干前に出して動きを見せるが、基本的には静的である。

一方、毘沙門天像は、右手で戟をとり、左手で宝塔を掲げる。体をしっかりとひねって、大きな動きを表わす。腹は厚みを出し、裾はやや重たい感じではある。

 

両像とも比較的小さな像であるが、気宇壮大というとやや大げさかもしれないが、なかなか力づよい造形である。写真だと人形のようにも見えるが、実際に拝観すると迫力ある造形であることがわかる。

 

 

さらに知りたい時は…

『印西市の仏像 印西地域編』、印西市教育委員会、2014年

『仏像半島』(展覧会図録)、千葉市美術館、2013年

「印西市・西福寺の賢光作 不動明王立像及び毘沙門天立像について」(『印西の歴史』4)、塩澤寛樹、2008年3月

『千葉県の指定文化財』第1集、千葉県教育委員会、1991年

 

 

仏像探訪記/千葉県