大智寺の文殊菩薩像

  行基が架けた橋の柱からつくられたとされる

 

住所

木津川市木津町木津雲村42-1 

 

 

訪問日 

2015年11月8日

 

 

 

拝観までの道

大智寺(だいちじ)は木津駅の北西、徒歩10分のところにある。すぐ北は木津川。

拝観は事前連絡必要。

 

木津川市観光ガイド・大智寺

 

 

拝観料

300円

 

 

お寺や仏像のいわれなど

真言律宗のお寺。

かつて行基が木津川に橋を架けたが、それがのちに流され、鎌倉時代後期に再び架橋しようとした。すると、川の中に残っていたかつての橋の柱が光るのが見えたので、この木から文殊菩薩を刻んで本尊とし、橋柱寺としたと伝える。

江戸時代前期に再興され、橋柱山大智寺と名を改めた。

 

 

拝観の環境

本尊は鎌倉時代後期の文殊菩薩像。

本堂中央の厨子中にあり、暗いが、お寺の方がライトを貸してくださった。

 

 

仏像の印象

像高約70センチ。獅子に乗り、左足を踏み下げた形である。

華やかな服を着し、剣と蓮を持ち、右足を前にはずして座る姿である。玉眼がすがすがしく、目をつり上げ気味にしないので(見上げるとむしろ垂れ目気味に見え)、親しみのある表情がとても魅力的である。

やや面長で、顔の凹凸を誇張しない。

なで肩とし、自然な姿勢で、下肢の衣の流れもリズム感がある。

 

 

その他(十一面観音像について)

同じ厨子中、向かって右に安置されている十一面観音像は像高約110センチの立像。

文殊菩薩像より古い平安時代の作。一木造で、内ぐりもほどこさず、また腕飾りも共木から彫り出すなど古様なつくりの像である。

衣は浅い彫りで、おだやかな雰囲気の像である。

 

 

仏像探訪記/京都府

文殊菩薩像
文殊菩薩像